fbpx

ファミリーコンステレーションを土台とした
コンステレーションズ・ラボの用いる技法

ファミリーコンステレーションとは


ファミリーコンステレーションは、ドイツ人のセラピストであるバート・ヘリンガーが確立した体系的家族療法の一種です。

その他の心理療法と大きく違う点は、クライアント個人にフォーカスするよりも、クライアントが所属する家族や組織というグループの中で、どういう影響を受けているか、どうしてそうする必要があるかを見える化し、体感することで、全く新しい視点や解決方法を得ていくことです。
また、グループの中における秩序・順位といったものを重要視する心理療法であるため、日本の伝統・文化、日本人の生まれ持った気質にフィットする心理療法であるとも言えます。

日本ではコンステレーションズ・ジャパンの小林真美(チェトナ小林)の独自の洞察により、更に日本人にフィットする手法として進化し続けています。
また、この進化は、日本人だけではなく、日本に住む外国人、帰化人、ハーフの方々にも大きな影響を与えています。

ファミリーコンステレーションの特徴


私たちは、問題が生じたときその原因や解決策を探しますが、しばしば、別の新たな問題を招いてしまうことがあります。
例えば、「道路の渋滞解消のために新しい抜け道を作ったとしても、すぐに別の場所で渋滞が発生」したり、
「売上を上げるために社員を競わせたら、社員同士が協力しなくなり、売上がさらに低下」するといったように。
もっと身近な事柄で例を挙げるなら、「ダイエットしよう決め、実践すると、ある時一気にリバウンドしてしまう」というのも同じです。

これらは、問題の本当の原因を見つけることができていなかったために生じるものであり、反対に言えば、問題の本当の原因を見つけることができさえすれば、問題は解決したも同然なのです。
では、どうすれば、問題の本当の原因を見つけることができるのでしょうか。

ファミリーコンステレーションでは、問題に関連する人や出来事・要素などを、人や人形・紙に代理させ、平面に配置することで、それぞれの状態や関係性を読み取り、問題が発生せざるを得ない根本的な原因を明らかにしていきます。それは、思考することや努力することでは難しいような、原因をも明らかにするのです。

ファミリーコンステレーションの理論


ファミリーコンステレーションを体験し、学ぶことによって、家族をはじめとする様々なグループに、どの様な法則が存在するのかがわかります。
また、その法則が、私達にどれほど大きく影響しているかを体感していくことになりますが、その中でも身近な法則は次のようなもので、これらの条件下の中でもっともよりより選択肢を見つけていきます。

グループに対する忠誠心


原始の時代を想像すると、家族の一員であり、さらに集落の一員であることは重要です。
共同で食べ物を得、ご飯を食べ、子どもを育て、敵から身をを守る必要がある時代です。
その時代において、家族や集落から離れることは、すなわち死を意味します。

また、現代に置いても、生まれたての赤ちゃんや小さな子どもが、両親から離れることは死を意味します。
ですから私達たちは、無意識にグループに所属することを望み、グループに貢献しようとします。

しかし、私達が大人になると、ここに矛盾を抱えるのです。
今は、原始の時代でもなければ、一人では生きることができない小さな子供でもないのです。
ですから、グループに所属するかどうか、どのグループに所属するか、どの程度グループに貢献するか、全て自由です。
でも、無意識(心の深い部分)は、そこを求めてしまう。

日常の不自由さはこういったことからも体感するのかもしれません。

グループは個人を使う


原始の時代では、グループの一員であることが重要であると前段に記載しましたが、違う言い方をすれば、個人よりもグループが優先されるとも言えます。
グループが存続しなければ、一人が生き残っても生きていけないのです。

例えば、一人の集落の若者が、自分勝手なことをして、グループを危険に晒したとします。
その若者は、自分なりに考えて、グループに貢献するために行った、とても斬新なアイデアでした。
でも、それは、評価されないのです。
目的は、グループが存続することであって、個人の活躍や評価ではないのです。

これは、仕事でやる気のあふれる若者が、新しい意見をたくさん出して、改革や改善を推し進めていくうちに、周りから浮いた存在となり、居場所がなくなっていくといったことにも似ています。
もちろん、これが会社の方針や伝統、社風にマッチしているなら、何ら問題はないのです。
しかし、これまであったグループの秩序を壊す存在とみなされる場合もあるのです。

ファミリーコンステレーションの歴史


カソリックの牧師であったバート・ヘリンガーは、宣教師として南アフリカに渡り学校で教鞭をとった。その時、グループ・ダイナミックスを学び実践することにより、成績優秀な学生を多数輩出する等大きな成果をあげる。
その後、聖職を退き、精神分析、原初療法、催眠療法、NLPや家族療法などを学び、ドイツで原初療法のトレーニングを行っていた。原初療法により一定の評価を得ていたバート・ヘリンガーであるが、根本的に問題が改善しないクライアント一定数存在することから、試行錯誤の末、徐々にファミリーコンステレーションに移行。
バート・ヘリンガー独自の洞察をファミリーコンステレーションに加える事で、バート・ヘリンガーのファミリーコンステレーションを構築していく。
また、バート・ヘリンガーと共に研究する仲間たちによって、会社組織等、家族以外への組織に対する応用、個人セッションの方法、コンステレーションによるトラウマワークなど広く研究され発展する。
一方、バート・ヘリンガーは、2001年頃から従来のファミリーコンステレーションから、徐々に仕事が変化し、現在では、伝統的なファミリーコンステレーションとは一線を画する「新しいファミリーコンステレーション(NEWファミリーコンステレーション)を行っている。

<日本での発展の歴史>


ファミリーコンステレーションは1990年代に日本へと持ち込まれた。
2001年、バート・ヘリンガーのワークショップが日本で開催。以降、定期的に開催され、2006年までに5回の来日を果たす。
また、2004年からは、バート・ヘリンガーと共に世界中を旅してきたハラルド・ホーネンをメイントレーナーとしてHIJがトレーニングを開始、日本のファミリーコンステレーションの基礎を造る。
以降、現在に至るまでトレーニングは継続され、ファミリーコンステレーションの基礎・基本は守られながら、日本の伝統・文化にあった独自の発展をしている。また、日本で活躍するファシリテーターも輩出している。
2015年、約10年ぶりにバート・ヘリンガーが来日しNEWファミリーコンステレーションのワークショップを行った。日本では、従来のファミリーコンステレーションを古いもの、劣るものと表現するファシリテーターも存在するが、そのアプローチと結果は、明らかに一線を画する別の手法と言える。

オーガニゼーショナルコンステレーション(ビジネスコンステレーション)について


バート・へリンガーによって体系立てられたファミリーコンステレーションは、その後の研究により様々な分野に応用されます。
その中で、家族以外の組織に対して働きかけるためのコンステレーションをオーガニゼーショナルコンステレーションと呼び、日本ではビジネスコンステレーションと呼ばれることが多いでしょう。
家族以外の組織に対してのコンステレーションに別の名前が付けられているのは、家族の組織と、それ以外の組織では、その中で働くエネルギーの流れに明らかな違いがあるからです。

コンステレーションでは、エネルギーは高いところから低いところに流れると言われます。
これを家族で考えると、先に生まれたものから後に生まれたものに流れるのであって、その逆はありません。命の流れと言い換えてもいいでしょう。
しかし、家族以外の組織では、入社の早い遅いでそのエネルギーの流れ決まるわけではありません。主に役職であり、与えられている権限と責任によるとも言えるでしょう。

家族と家族以外の組織では、こうした決定的な違いがあるのです。
よって、例えば家族経営の会社に混乱が起きるのは、この違いを理解せずに動いている可能性が視野に入ります。

システミックコンステレーションについて


システミックコンステレーションは、ファミリーコンステレーションとオーガニゼーショナルショナルコンステレーションを包括する言葉として使われます。

そうすると、コンステレーションの全体像は、家族と家族以外の組織を扱う手法であると考えられますが、そうではありません。少なくとも私がシステミックコンステレーションという名称を用いるとき、明らかにそれらを含むもっと大きな視野で全体を見ています。

それは、家族の生命に関わった全ての人や出来事が関係してくる可能性があり、それらに対して視野を開き続けていなければ、本当の見失われた存在に居場所を作ることはできないからなのです。
そういった面から、コンステレーションラボのファミリーコンステレーションは、システミックコンステレーションと表現することが相応しいのですが、わかりやすさの観点からファミリーコンステレーションとして統一しています。

ファミリーコンステレーションの効果


これまでにファミリーコンステレーションによる働きかけを受けた方からは、良い変化があったとのお声を沢山頂きます。
私自身も、これまでにファミリーコンステレーションによって、ありとあらゆる問題・課題を解決してきました。
それは時に、本当に魔法じゃないのかと思うくらいの驚くような変化もありました。

何をしたわけでも、言ったわけでもないのに、親との関係性が良くなり、父と一緒に晩酌するようになったり、
極度の怖がりが、全く怖くなくなったり、
方向音痴が直ったり。

また、息子と娘の症状の改善は特に驚きます。
おねしょに深爪、アドピーに多汗症、多動症に学習障害まで。
セッションの翌日から即座に改善するのは、未だに驚きます。

このように書くと、ファミリーコンステレーションって凄い!ってなると思うのですが、実は、ファミリーコンステレーションでは、問題や課題・症状をなくすという目的で働きかけを行いません。

クライアントさんが困っているのに、それを目的にしない。
一瞬、意味がわからなくなるかもしれませんが、クライアントさんが抱える問題や課題・症状は、本当に見なければならないものを見るための切っ掛けであり、入り口なのです。
つまり、見失われた存在を見て、心の中に居場所をつくための入り口です。

こういった観点から、ファミリーコンステレーションの効果とは何なのでしょう。

問題を抱えたクライアントさんの心の中にある家族のイメージは、見失われた存在がいない状態です。その状態で今まで歩んでこられたわけです。
そこに、見失われた存在が入り、その存在がクライアントさんの心の中に居場所を持ちます。
そうすると、必然的にクライアントさんの心の中にある家族のイメージが今までと違う状態になるのです。

私たちファミリーコンステレーションのファシリテーターは、その新しいイメージを提案しているに過ぎないのです。
そして、クライアントさんにとって、新しいイメージが良いものであり、定着することができれば、その後の変化は必然的に起こるのです。

体験セッションをご活用下さい

はじめての方に体験セッションをご用意しております。
内容や時間は通常のセッションと変わりません。
大変お得な内容になっていますので、ご活用下さい。

詳細はこちら

レイキヒーリングとは


大正時代に京都の鞍馬山で断食行をしていた臼井ミカオ氏が始めた、臼井霊気療法がそのルーツ。
これは、修験道や密教を基にした手当て気功で、戦前は海軍でも用いられていたと言われており、その効果は広く認められていたが、戦後、日本独自の文化・伝統の多くは、GHQにより廃止または改変され、臼井霊気療法も日本の表舞台から消えることになりました。。
ところが、戦後、ハワイの日系社会に残っていたものが80年代に欧米に広がり、今現在、実践者が数十万人以上いると言われています。

臼井霊気の最大の特徴は、アチューメント(伝授)という技法によって、能力を伝達できることであり、鍛錬なしに即座に気功が可能になります。
これは即座にレイキマスターやレイキティーチャーと呼ばれる方々と同じレベルの能力を使えるという意味ではありませんが、家庭内でのヒーラーとしての能力は身につけることが可能です。

コンステレーションラボのレイキヒーリング


レイキは、日常で使い続けることが重要であり、使い続けることで、レイキの能力は向上します。
また、レイキは一回のヒーリングで全てを癒す魔法ではなく、使い続けることが自分や家族の心身の健康を守ることにもなります。
ですから、効果が体感できることはもちろん、シンプルで使いやすいことが重要です。
そのために、コンステレーションラボでは、デンマークのレイキヒーラー「オーレ・ガブリエルセン」氏のスタンダードな西洋レイキである「ウスイ・レイキ」と、同氏の発展系レイキである「オリジナル・レイキ」「クンダリーニ・レイキ」を「札幌のヒーリング整体 エナジーアート 小林一己」氏の伝授法にて伝授しています。

レイキの系統図

レイキは、アチューメント(伝授)によって使うことが出来ますので、誰から伝授されたのかを知りたいとご質問をいただくことがありますので、ウスイ・レイキの系統を以下に記載しました。

レイキヒーリングの効果


レイキヒーリングは医療行為ではありませんから、明確な効果を記載することはできませんが、その適用範囲は広いです。
ですから、腰痛や疲れといった症状を記載するよりも、

・整体やカイロプラクティック等に行こうと思うとき。
・ストレス発散にカラオケに行こうと思うとき。
・温泉やエステに行こうと思うとき。
・心理的なもやもやがどうにもならないとき。
・どこへ行っても体の不調が改善しないとき。

などに、同等以上の結果をもたらす可能性があるのです。

レイキの理論


「レイキとは宇宙生命エネルギーです」などの説明を見ることがありますが、これを証明をすることは当然不可能です。
つまり、この説明は、正しいか否かという観点ではなく、レイキヒーラーがレイキをどのように捉えているかを言語化したものと言えます。

では、レイキは、「オカルトだ」「新興宗教だ」と言われるような怪しく、一般の方にとって、価値の無いものなのでしょうか。

以前、薬の開発・研究に携わる脳科学者の先生が
「科学というのは証明できるものをその研究対象とすることにするというルールがあって、証明できないものは扱わない。そうしないと、オカルトが紛れ込み収集がつかなくなるからだ。」
と仰っていました。

これを私なりに解釈すると、

科学的=正しいこと
ではなく、
科学的=証明できること
であり、

オカルト=偽物・間違ったもの・幻想
ではなく、
オカルト=証明できないもの
なのです。

また、オカルトの言語の意味は、神秘的なこと。超自然的なさま、ですから、まさにそのとおりなのです。

レイキの歴史だけを聞くと、全くレイキのようなものが存在しないところに、突然生まれたとも聞こえるのですが、そもそも私は日本にレイキのようなもの、つまり気功や伝授によって使えるようになる気功は当たり前に普及していたのだろうと思います。
それが、明治維新後と敗戦後の近代化によって、私達の前から消え、そして、科学的ではないと捉えられるようになったのだろうと思っています。
しかし、現代でも、レイキと同じような気候は他にもたくさん存在しますし、密教の世界にも未だ残っています。

今の時代ですから、レイキを科学的な立ち位置から検証したデータはたくさんあるでしょう。
でも、それを用いて説明することは、ものの捉え方を固く・小さくしてしまいますので、ここでそれを用いることはしません。

レイキが広く活用されていた頃は、科学的に証明する代わりに、体験・経験を指針にしていたと考えます。
そして、レイキを実際に経験すると、多くの方が目に見えない感覚を体験・体感します。
レイキヒーラーになったばかりの方が実感を得ずにヒーリングをしていても、ヒーリングされた方の身体はレイキを体感します。
それを、理論としてほしい、
そう思い、気軽に体験していただける体験レイキヒーリングもご用意しています。

先ずは無料で体験できる遠隔レイキヒーリングにご登録下さい

詳細はこちら

その他の技法

栄養療法(藤川理論)

広島の精神科医である藤川先生が臨床現場で実践され、明らかな結果を出し続けておられる栄養療法。
日本人の99%が質的栄養失調と言われ、カロリー過多・糖質過多の反面、タンパク質不足・ビタミン不足・ミネラル不足であり、今までココロの病気と思われていた「うつ病やADHD、統合失調症」などに効果を発揮しています。
コンステレーションラボでは、ファミリコンステレーションと同時並行で用いることにより、大きな効果が見込めることから、栄養療法をクライアントさんの日常に取り入れることができるようサポートしています。

NLP

NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の頭文字で、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが心理学と言語学の観点から、セラピーの現場で天才と称された三人のセラピスト【ミルトン・エリクソン(催眠療法)、・フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)、バージニア・サティア(家族療法)】の分析から生まれたものです。
セラピーやカウンセリングの現場から生まれたNLPですが、現在ではこの領域に留まらず医療の現場やビジネス、教育の場、家庭や育児に至るまで様々な分野で活用され続けています。
コンステレーションラボのカウンセリングでは、「NLPでカウンセリングをやりましょう」ではなく、自然にカウンセリングの中に溶け込み活用しています。

タロットカウンセリング

タロットカードというと占いをイメージされる方が多いと思いますが、カウンセリングのためのツールとしてもとても有効なものです。
何か悩みや困ったことがあるとき、タロットカードを引くと、驚くくらいに適切なメッセージを届けてくれます。
自分自身でタロットカードを引いてみると、自分に都合よく解釈したり、どう読み解いていいのかわからなくなることも多いものですが、タロットが持つ力をプロが読み解くことにより、最大限の効果を発揮します。

音叉ヒーリング

ソルフェジオ周波数に設定されたボディーチューナーを使った音叉ヒーリング。
音叉が放つエネルギー・振動により、チャクラの調整やオーラクリーニングはもちろん、経絡や経穴に音叉の柄を当てることで身体の調整を行います。
また、頭部の緊張を解していくために使用することもあります。

ヒプノセラピー

言葉での誘導で催眠の状態へと導くもので、前世療法や退行催眠と言ったものが有名です。
コンステレーションラボでは、心身のリラックスが難しい方を心身を深いリラックス状態に導くために活用しています。

整体

レイキとの症状効果を見込める整体の手技を積極的に取り入れています。
骨をバキバキしたり、筋肉のコリやツボをゴリゴリする手法は用いず、筋肉へ適切な圧を広い面でかけることにより、筋肉を緩め、身体全体の調整します。

もみほぐし

手(手根・母指)により、固まった筋肉をもみほぐすことで、心身にリラクゼーションをお届けします。
なお、強い圧でのもみほぐしは、筋肉の繊維を破壊し、結果的に更に筋肉を固めてしまうことから、いわゆる「強もみ」のご希望はお受けしておりません。

リフレクソロジー・ハンドマッサージ

肘から下・膝から下の部分を、オイル・クリームをつけて、老廃物を流すように施術していきます。
オイル・クリームで荒れる場合がありますので、お肌の弱い方はご注意ください。