ワークライフバランスってどうしたらいいのか。

ワークライフバランスってカタカナで言われると、
大切なことなように聞こえるし、やれそうとも思えるけれど、
でも、仕事に家事に子育てに、
どうやったら両立できるのか。

仕事をやめて専業主婦?
いや、仕事がしたいし、
ずっと家にいるなんて気が狂いそう。

でも仕事は忙しくて、子供との時間はどんどん少なくなる。
最近、子どもの様子もちょっと変。

家のこともなんだか中途半端。

でも、家のローンも払わなきゃいけないし、学費だってこれからもっと必要。
私も好きなもの買いたいし。

サラリーマンを15年ほどやって、死ぬほど忙しい職場も経験したし、楽しい職場も、どうにもならないような環境の職場の経験しました。
何となくお金のために働いていた時期もあるし、想いを持って働いていた時もあります。
カウンセラーとして起業してからは、起業という未知の世界での苦難の連続とともに、沢山の主夫業と子育てをしました。

私なりに、色々経験し、見て感じて思うこと。
それは、仕事も家事も子育ても、両立できるほど簡単なものじゃないってことでした。
1つ真剣にやれば、それだけでくたくたになる。
それが当たり前。

1日は24時間。
身体は披露するもので、お腹も空く。
寝て、食べて、と生活の最低限の行動だけでも、
時間はあっという間になくなっていきます。

ですから、どこかを削ったり、効率化を図ったりして頑張るけれど、
それはどこかに歪をうむ。

そして、思うのです。
もしかすると、「両立できる」ということが何かに思い込まされた結果じゃないのかって。

だから、改めて自分にとって何が大切なことなのか考えなくては行けないと思うのです。
思い込まされた結果、それがいいと思うんじゃなくて、
心の奥底にある感覚はどうしたいと願っているのか。

それに気がつくことができれば、
自分なりの充実した生活スタイルが見つかるのではないかと思います。

ワークライフバランスという横文字に踊らされず、
自分が何を良いと思い、
何に違和感を感じ、
何が根拠のない思い込みなのか。

迷っているときだからこそ、
そこに目を向けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 対人恐怖症を克服する勇気

  2. 発達障害やひといちばい敏感気質(HSP/HSC/エンパス)な…

  3. お金はアスリート的に使う

  4. 遠隔ヒーリングの無料体験を行ってわかったこと

  5. 袋小路にはまり込んだらどうするか

  6. 敏感で感受性が強い(HSP/HSC/エンパス)という「圧倒的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。