fbpx

ファミリーコンステレーションによる子育てカウンセリング

子育てに悩むお父さん・お母さんのための
カウンセリング

「もう少し様子を見よう」
「大きくなったら良くなるよ」
と先延ばしにしない選択

もう他にやれることがない

考えられる方法を色々試しても改善されない子どもの
・多動症
・学習障害
・不登校
・おねしょ
・頻繁な発熱や怪我
・爪噛み
・なくならない忘れ物
といった症状や

・上手くいかない親子関係
など

様々な本を読み漁り、インターネットで検索して出来ることはやったけど改善しない。
夫や両親、友人に相談しても「もう少し様子を見よう」「大きくなったら良くなるよ」と言われるだけで、解決は見えず、親も子どもも疲れ果て傷ついていく。

そんな時、カウンセリングをとおして、今までとは全く別の立ち位置から子どもの症状を見ることは、お父さん・お母さん、そして、お子さんに全く違う風景が見えるでしょう。

目線を変えてみる

例えば、頻繁に熱を出すとき。
ただでさえ忙しいのに、仕事を休まなくてはいけなくて、仕事はたまる一方。同僚にも迷惑をかけ、上司もいい顔はしない。
熱を出したときくらい、優しく看病したいのに、なぜかイライラした気持ちが出てきてしまう。

また、おねしょが毎日続くとき。
毎日にように睡眠時間を削られ、朝から布団やパジャマを洗濯していると、怒る気はないのにイライラが出てしまう。

熱を出さないように、おねしょをしないように、出来ることは工夫して色々やっても上手く行かないとなおさらです。

こんな時、見落としがちな、でも大切なことが2つあります。

1つは、最も「傷ついているのは子ども」だということ。
どうにかしたいと思っているのに、自分ではどうすることも出来ずに、熱を出したり、おねしょを繰り返しまたかと自信をなくしていく。
子ども心にお母さんに負担をかけているのがわかるから、申し訳なくて自信をなくしていく。お母さん自身がイライラしているときでも、こういった子ども心の切なさを一緒に感じる目線を持つことは、とても大切です。

2つ目は、子どもの問題ではなく、「家族の中にある問題を映し出している」ということ。
子どもの愛は想像するよりも遥かに深く、いつでも親を助けるために、自分の命すら投げ出します。もちろん無意識にです。
ですから、家族の中の解決されていない問題があると、それを代わりに解決しようとして、結果、何らかの症状を表すのです。

それでも見えないとき

とは言え、子どもの症状が何を表しているのか、それを知るのは容易ではありません。
多くの場合、私たちの盲点となっていることであったり、無意識に避けていることであるからです。

この時に、ファミリーコンステレーションによるカウンセリングが役に立ちます。
ファミリーコンステレーションの技法を用いることで、盲点を明らかにし、全く新しい景色を見ることで、子どもの症状が解消されたり、その症状との関わり方が変わっていくのです。

◁ファミリーコンステレーションとは▷
ファミリーコンステレーションは、ドイツ人のセラピストであるバート・ヘリンガーが確立した体系的家族療法の一種で、ドイツ人セラピストのハラルド・ホーネンや私の師である小林真美らの尽力によって日本に根付きました。
その他の心理療法と違い、秩序・順位といったものを大切に扱う、日本の伝統・文化、日本人の生まれ持った気質に最もフィットする心理療法であり、日本では小林真美(チェトナ小林)の独自の洞察により、より日本人にフィットする手法として進化し続けています。
なお、家族の問題だけでなく、様々な組織やビジネスの問題等、幅広い分野で応用されている技法です。

カウンセラー:坪田 真彰(つぼた まさあき)


「ファミリーコンステレーション」と「レイキヒーリング」を土台とし、ココロとカラダの両面からアプローチするカウンセラー・レイキヒーラーとして、名古屋・岐阜を中心にワークショップやセミナー・個人セッションを行っている。
特に、
・自分ではどうにも出来ない依存症・中毒症に対するカウンセリング
・子供との関係や子育ての悩みのためのカウンセリング
・ココロ・カラダのバランス調整のためのレイキヒーリング
を専門とする。

詳細はこちらから

個人セッションの詳細

忙しいお父さん・お母さんへ「選べる3つのカウンセリング」

◁電話セッション▷
固定電話・携帯電話・Skypeやzoomなどを用い音声通話のみでカウンセリングを行います。
パソコンやスマートフォンが得意でない方やカメラ機能が使えない方、
カウンセリングルームまでお越しいただくことが難しい方におすすめです。
(通信費はご負担ください。)

◁TV電話セッション▷
SkypeやzoomなどのTV電話システムを用いて、音声と映像を使ったカウンセリングを行います。
カウンセリングルームまでお越しいただくことが難しい方におすすめです。
(通信費はご負担ください。)

◁面談セッション▷
カウンセリングルームでの面談カウンセリング。
カウンセリングルームまでお越しいただくことが難しい方で、ご要望があれば出張も可能です。
(ただし、交通費や会場費・宿泊費などの実費をご負担ください。)

費用

セッションの方法にかかわらず
4,500円/45分(初回限定:4,500円/60分)
延長:1,000円/10分

カウンセリングルーム

〒500-8858
岐阜県岐阜市福住町1丁目16−2
ALEXビル302号室

JR岐阜駅から徒歩9分
名鉄岐阜駅から徒歩12分

地図

その他の留意事項

詳細な留意事項等は申込規約を参照

今すぐ申し込む

よくあるご質問

Q:今抱える問題がカウンセリングで扱えるものか判断しかねるのですが、どうしたらよいでしょうか

抱えておられる問題で困っていて、カウンセリングを受けたいという思いがとても重要です。
あまり深く考えずお申込みいただければ結構ですが、不安な場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

Q:個人セッションはどのように進むのですか

先ず、扱いたい問題・テーマについてや、家族構成等についてお伺いします。
その後、ファミリーコンステレーション用の人形などを使って、ワークを進めていきます。
なお、一回のファミリーコンステレーションに要する時間は通常1時間から1時間半です。

Q:ワークショップとの違いはありますか

目的や理論は同じですが、見た目で言えば、家族や組織を表すために「ファミリーコンステレーション用の人形」などを使うか、「実際の人間(ワークショップの参加者)に代理をしていただく」かが最も大きな違いです。
効果の違いとしては、人形を使った場合、家族や組織の全体像を上から眺めることができ把握しやすい、人数が多い場合でも人形で再現しやすいという利点があります。
一方、ワークショップの場合は、個々のリアリティが増しますので、インパクトが大きくなります。
これは、どちらが良いというものではありませんので、好みやタイミングで選んで下さい。

Q:事前に準備しておくことはありますか

お申込み後、書面またはメールにて、「働きかけのための質問」に事前にご返答ください。
それ以外は特にありません。
当日お会い出来ることを楽しみにしております。

Q:服装は特に気にしなくてもいいでしょうか

基本的には、テーブルを挟んで、椅子に座って行いますので、特に気にして頂く必要はありませんが、長時間に及ぶことと、まれに立って室内を少し歩くことはありますので、動きやすい服装をお勧めします。

Q:託児サービスはありますか。

申し訳ありませんが、託児サービスはありません。
しかし、事前にご相談いただくことで何かご提案できることがあるかもしれません。
また、個人セッションやSkypeでのセッションもございますので、お気軽にご相談下さい。

今すぐ申し込む