fbpx

ファミリーコンステレーションによるワークショップ

オープン特別価格
12月末まで、40%オフで参加して頂けます。

頭と心にスペースが生まれると
見えなかった風景が見え始める

諦めかけていた問題

いつも胸に痛みやモヤモヤ、悲しみを抱え、頭の中には、言い訳や否定的な言葉がこだまする。
私達は、心と頭に十分な余裕があれば、意外なほど様々なことに対処できるものです。
しかし、余裕がない状態でトラブルや困難な出来事に遭遇すると、感情や行動、発言が思ったようにコントロール出来ず、望まない結果を招いてしまいます。

例えば、
●仕事や友人との人間関係が上手くいかない
●パートナーとの関係が冷え切ったまま
●親との関係がギクシャクしたまま
●子供とのコミュニケーションがうまく取れない
●子供が家によりつかない
●子供の症状(おねしょ・爪噛み・不登校・学習障害・アレルギーやアトピー)が改善しない
といったものかもしれません。

これらの結果は、「何とかしたい」と思いながらもどうにもならず、いつの間にか諦めていたかもしれませんし、「まぁ、周りの皆もこんなもんだろう」と当たり前のことのように捉えているかもしれません。
しかし、それは真実でしょうか。

未来に見える光


意外に思われるかもしれませんが、目の前にある「困り事、嫌なこと」は、その裏側に、「成長のための入り口、切っ掛け」という意味を持っています。

それは、私達が学生の頃に向かい合った数学等の問題に例えることが出来ます。

数学が苦手な人にとって見れば、数学の問題は「困り事であり嫌なこと」にしか見えないかもしれません。
その問題から逃げると、いつまでも答えを得ることは出来ず、苦手意識も変わらずに「困り事であり嫌なこと」であり続けるでしょう。
しか、教科書や参考書を読み、考え、問題と向かい合うことで問題が解けるばかりではなく、次に同じような問題が目の前に現れたとしても「対処できること」に変化するのです。

ファミリーコンステレーションのワークショップでは、問題を入り口としてワークを進め、全く新しい物の見方を提案し問題の解決を図ると同時に、気がつけば今までよりも視野が広がり、未来に光が見え始めます。

見ると解決する

数学の問題は、どうすれば解くことができるようになるのでしょう。
それまでは知らなかった考え方や発想の転換、または、計算方法や方程式等を知ることではないでしょうか。
それは、違う言い方をすると、今まで「見えてないもの、見ていないもの」を見たと言えます。
つまり、見るべきものを見れば、問題は解決するのです。収入が上がらないという問題の解決策として、出世できるよう今まで以上に仕事に打ち込むと決めたとします。
しかし、上司も大きく変わらない収入であるとするなら、どれだけ仕事に打ち込んでも解決には至りません。
一方、会社の給与体系、経営状態、自分の能力、様々なことを見ることが出来ているならば、そこには黙っていても解決策は浮かび上がってくるのです。そのために重要なことは、目線を変えるということです。
自分、相手、第三者、そして、それらを含んだ目線。
また、過去、現在、未来といった時間を変えたときの目線。
こうして、意識的に目線を変更することで、見ることが用意になり、気が付いた時には問題が問題でなくなっていることを体験できるでしょう。

見たくても見れないものがある

目線を変えて「見えてないもの、見ていないもの」を見れば問題は解決する。
そう言ってしまえばとても簡単に思えるのですが、実はとても難しいのです。

日常生活で周りを見渡してみると、不合理に見えたり、意味がないと思われるような人の行動にたくさん出会うことができると思うのですが、それらの行動には、私達が想像する以上に大きな意味を持っていることが多いのです。

それは、論理的思考の世界では不合理で無意味であっても、無意識(心の奥深く)では、合理的で大きな意味があるとも言えます。
ですから、本人も無自覚です。

その大きな意味を想定せずに、見て解決しようとすると、本人も理解できない抵抗感が出てきたり、やろうと決めてもすぐに出来なくなってしまったります。
ですから、ファミリーコンステレーションという手法を用いて、ファシリテーターがそれを読み解き、新たな視点を提案する必要があるのです。

◁ファミリーコンステレーションとは▷
ファミリーコンステレーションは、ドイツ人のセラピストであるバート・ヘリンガーが確立した体系的家族療法の一種で、ドイツ人セラピストのハラルド・ホーネンや私の師である小林真美らの尽力によって日本に根付きました。
その他の心理療法と違い、秩序・順位といったものを大切に扱う、日本の伝統・文化、日本人の生まれ持った気質に最もフィットする心理療法であり、日本では小林真美(チェトナ小林)の独自の洞察により、より日本人にフィットする手法として進化し続けています。
なお、家族の問題だけでなく、様々な組織やビジネスの問題等、幅広い分野で応用されている技法です。

ワークショップで見るもの

ワークショップでは、1日に4名の方の問題に働きかけ(実際のファミリーコンステレーションのワーク)を行います。
そこでは、その方の抱える問題の根源を紐解き、不合理の中にある大きな意味を見、そこから、解決のための一つのイメージを見ていただき、働きかけが終了します。

また、他の方々は、その場を支える者として見て参加すると同時に、クライアントの問題をとおして学びを得ることができ、状況によって、クライアントの現状を取り巻く人や出来事、要素を表す代理人として場に参加し、多くの学びを受け取っていただきます。

これまでの感想

 【Hさん 女性 30代】
最初に代理人として立ててもらったのは、「私」「私の顔」でした。
私はおそらく、物ごころつく少し前から自分の顔(容姿も含めてですが、一番気にしていたのは表情など顔に付随してくるもの)にコンプレックスを感じていたのだと思います。
コンプレックスを持っていることが当たり前すぎて、それで自身が困っているということもほとんど意識していない状態でした。
今まで、自分自身についてのコンステレーションは何度か立てていただいたことがあるのですが、今回は一番自分自身が見たくなかったものというか、目を背けてきたものが出てきたと思います。
年齢でいけばとっくにいい大人なのに、なぜか「大人になりたい。」と思うのは、まだ両親の子どもでありたいと思う気持ちがあるからなんだと感じました。コンステレーションの後から、私の中で葛藤が生じるようになりました。
ワークショップの日、たまたま目に入った本屋さんで、直感的に感じるものがあった、歴史に関する本を何冊か買いました。今まで何から手を付けていいか本当によく分からなかったので、これだ!と思う本を自分で選ぶことができたのは変化だと感じました。一歩進んでは三歩下がるような進み方かもしれませんが、少し進んではまた流され…を繰り返しています。
本音を言うと、まだまだ子どもでいたい、このままで良い、変わりたくない(大人になりたくない)と思っている自分もいます。でも進むことも戻ることもできないような(正確には進むしかない?)この状況は苦しいのですが、もうしばらくはこの状況を味わわないと私は納得しないようです(T_T)ここにいたって苦しいだけなのに、まだもう少しそこにいようとしている自分に「ほんま懲りひんなぁ…」と思いますが、もう少し苦しみながらこの状況を体感してみます。。
また、コンステレーション後の外面的な変化では、自分の顔を傷つけることがほとんどなくなりました。長年の癖で、無意識に顔を触ろうとするのですが、「またやろうとしてたな。」と気付けるようになりました。
あとこれは直接関係ないかもしれませんが、コンステレーション後、数週間ぶりに母に会った際に母から「あれ?あんたいとこのおばちゃんに顔似てきたな。間違いなく○○家の血筋の顔やな。」と言われました。(今まで母にすら「あんたは誰に似てるんかなぁ。先祖返りなんか、なんかあんただけ姉弟間でも顔の系統違うよなぁ。」と言われておりました。)そんなことは初めて言われたので、複雑な気持ちになりましたが、自分のアイデンティティを再認識しました。
本当にありがとうございました‼︎

【Aさん 30代 女性】
今回心理ワークを初めて受けました。心理については、これまで興味を持ったことは特にありません。友人から勧められなければ、知ることも参加することもなかったと思います。
事前説明が必要最低限でしたので、最初は戸惑いがありました。わからないこともわからない状態です。
会場は、少人数で心地良く感じました。
ファシリテーターと会場にいる方によるのかもしれませんが、スムーズに場に入れたよう に感じます。自分の番になった時に、どの範囲まで自分のことを話せばよいのかわかりませんでした。
自分の相談に関しては、いろんな場所から動きを見させていただきました。流れも含めて全 体的に参考になりました。3日経ちましたが、苦しいモヤモヤもすっきり感も残っていません。参加して良かったという感覚はあります。私にとって家族は大切な存在で、常に先祖に守られている感覚があります。改めてそれを感じることができました。
当日の悩みとは異なりますが、私は人見知りで、知らない場所、知らない人と接することがとても苦手です。また、仲の良い人でも肌の接触は苦手です。しかし、代理人では不思議とあまり緊張をせず、人と接することにも抵抗感はありませんでした。なすがままに、直感的に動こうと決めて参加したことが良かったのかもしれません。ふっと入る瞬間と自分自身の意識との間で、判断に時間がかかることがありました。代理人でどのようにして動いたのか、何を話したのかはほとんど覚えていません。
1日のみの参加でしたが、私の相談で何人もの人が動いてくださったことに感謝します。

【Tさん 40代 女性】
今回もワークショップ開催予定は存じていたものの、まさか自分が働きかけを受けるタイミングになるとは思いませんでした。
私には成人した二人の子供がおります。
夫が14年まえに他界し本来なら兄妹仲良くなるだろう…と思っていたのですが、私の思う通りにはいきませんでした。
思春期に兄妹の仲が良くないのはよくあることだろうと思いますが、学生とはいえ成人している二人はなかなか反りが合いません。
今回のコンステレーションでは母方の伯父さんが代理人として登場しました。
母方の伯父さん。母のお兄さんのことは幼い頃「伯父さんはね、戦争に行ってソ連で捕虜になったの。とっても寒くて栄養状態の悪い中、どうにか帰国できたけど数年後に病気で亡くなったのよ」と幼い頃聞いていた話が、なぜか印象に残っていました。不思議なことに、私の兄はその話をあまり記憶しておりません。今まで祖父母の墓参りに行けば当然そこにはその伯父さんも眠っているはずなのですが、さほど意識したことはありませんでした。
今回のコンステレーションで会ったことのない、伯父さんからのメッセージを受け取り、その後、私はシベリア抑留について調べ始めています。
その後、子ども達に急激な変化はありませんが、地震後の余震のようなことが数回発生しました。その余震を私は何が起こっているのか落ち着いて見守ることができています。
お陰様で、働きかけを受ける直前の状況とは少し様子が変わってきています。
それは、私の中の意識が変わったことで様子が違って見えるのかもしれませんし、私の意識が変わったことで、目の前で起こっていることは都合の悪いことではなくメッセージであると受け取ることで冷静に対応できるようになり、またその時に今までにはなかった伯父さんの力も借りて対応できるようになっているのかもしれません。
ありがとうございました。
いつも感じることですが、コンステレーションは必要な時に必要なことが発生します。
次のワークショップでは必要な方にきっと届きますように。

【Sさん 40代 女性】
先日は働きかけをしていただき、ありがとうございました。
働きかけを受ける前は、目の前の問題に対して、自分が何とかしなければという焦燥感と不安が大きくなっていて、今思い返すと、現実を見ることができていなかったように感じます。
働きかけでは、見えていなかった部分も含めて、もっと大きな視野で見ることで現実を受け止め、今まで問題だと思っていたことが問題ではなくなり、自然と前を向くことができるようになっていました。
また自分の代理人が見せてくれる自分像は、あらためて客観的に私を知ることができました。
思考の傾向やパターンが見えてきたので、これからの課題へのヒントにもなりそうです。
グループカウンセリングは緊張するので話しづらいのですが、坪田さんが私の言葉で表現できないところを察してくださるので、安心して受けることができました。
ファシリテーターの坪田さん、2日間ご一緒させていただいた参加者の皆さま、本当にありがとうございました。

【Oさん 40代 女性】
<ワークショップ全体の感想>
・静かで厳かな雰囲気だった。
・インタビューの段階から、丁寧に展開されるコンスタレーションだった。
・クライアントに起きている現象と、それを現象化する、見えないエネルギーの流れの関連に、納得感があった。
・代理人からもたらされる情報に、ファシリテーターが客観性を保ち、吟味する姿に信頼感がました。
・クライアントに手を上げた方が、自分のテーマに真摯に向き合っていた姿も、ファシリテーターのあり方に導かれたものではないかと思った。
<私が受けたコンスタレーションの感想>
・実は、他のファシリテーターに依頼した時に、大陸での死者に同調して、私の代理人が倒れ込んだ所で放置されたことがあり、その気になっていた件を、坪田さんに丁寧に扱っていただく事になりました。ありがとうございます。
・これまでにHIJの小林真美(チェトナ小林)先生に扱っていただいたコンスタレーションの集大成で、かつ、私が何に絡め取られてきたの全体を見る機会をいただきました。
・涙や感情が溢れるというよりも、ただたんたんと私の来た道が、かつて栄えた満州国とそこで生きて、死んで行った日本人に寄り添うもので、しかし、もうその過去に居場所はなく、私は自分を今生きるしかなく、甘美な犠牲の物語は、終わっていこうとしていることをコンスタレーションで確認しました。
・後ろの人々は、ずっとそれを望んでくれていて、振り返ると遠くの人々の微笑みに切ない気持ちがしますが、私が今ここにいて生きていることをあじわいながら、日常に戻っています。
・コンスタレーションから一ヶ月ほど経過し、大分体力が戻ってきました。
・ゆっくりと意欲が戻ってくるのを感じています。
ありがとうございました。

カウンセラー:坪田 真彰(つぼた まさあき)


「ファミリーコンステレーション」と「レイキヒーリング」を土台とし、ココロとカラダの両面からアプローチするカウンセラー・レイキヒーラーとして、名古屋・岐阜を中心にワークショップやセミナー・個人セッションを行っている。
特に、
・自分ではどうにも出来ない依存症・中毒症に対するカウンセリング
・子供との関係や子育ての悩みのためのカウンセリング
・ココロ・カラダのバランス調整のためのレイキヒーリング
を専門とする。

詳細はこちらから

ワークショップの詳細

●開催スケジュール
こちらを確認して下さい。
●時間:10:00〜18:00 (開場は9:45〜)
※終了時間は前後することがあります
●定 員:15名
※働きかけ枠は4名/1日(先着順のためお早めにお申込み下さい)
●参加費:2日間・・・36,000円(税別)/1日間・・・20,000円(税別)

オープン特別価格
12月末まで40%オフで参加して頂けます。
20,000円→12,000円

※コンステレーションズ・ジャパンのJトレーニング生で働きかけを受けない場合は、参加費が異なりますのでお問合わせ下さい。
●その他:詳細な留意事項等は申込規約を参照

ワークショップ会場

〒500-8858
岐阜県岐阜市福住町1丁目16−2
ALEXビル302号室JR岐阜駅から徒歩9分
名鉄岐阜駅から徒歩12分
地図


今すぐ申し込む

お申込みからワークショップまでの流れ

ホームページからのお申込み

お申込みフォームに必要事項を入力

自動返信メールの到着を確認

3日以内に到着する詳細案内のメールを確認

必要事項をメールで返信およびご入金

ワークショップ当日

お電話からのお申込み

電話にて仮申込み

申込書の到着(郵送)を確認

申込書に必要事項を記入し返送およびご入金

ワークショップ当日

よくあるご質問

Q:今抱える問題がワークショップで扱えるものか判断しかねるのですが、どうしたらよいでしょうか

抱えておられる問題で困っていて、働きかけを受けたいという思いがとても重要です。
あまり深く考えずお申込みいただければ結構ですが、不安な場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

Q:ワークショップはどのように進むのですか

問題が発生する背景を知るには、知識・理論が抵抗となることがあります。
よって、ワークショップでは、言葉での説明は最小限に、実際にファミリーコンステレーションを受ける(働きかけを受ける)ことで進んでいきます。
受けない方は、働きかけを見ること、代理人(事項参照)を体験することから、家族の中に起こっていることを学んでいきます。

具体的には、先ず、自分の問題やテーマを扱いたい人を先着順で事前に決定します。
当日は、その中の心の準備が出来た方から、ファミリーコンステレーションを行います。
そして、先ず、ファシリテーターから扱いたい問題・テーマについてや、家族構成等についてインタビューします。
インタビューを終えると、ファシリテーターが、参加者の中から、自分自身や家族の代理をする人(代理人)を選び、配置するように支持します。
その後の展開は、状況に応じてファシリテーターが進めていきます。
なお、一回のファミリーコンステレーションに要する時間は1時間から1時間半です。

Q:代理人とはなんですか

代理人とはクライアント自身や、家族、お金や仕事等の役割をしていただく人のことを言います。
これは、何かを演じていただくために代理人を用いるのではなく、その場のエネルギーを感知するアンテナとして身体を貸していただくのです。
何か不思議な表現にも聞こえるかもしれませんが、誰でも代理人をしていただけますので、安心して参加して下さい。
時に、代理人をすることで、自分では普段感じることが出来ないような感覚を体験することができます。
これは、ワークショップにおいて主たる目的ではありませんが、その経験は人生において大きな発見になる場合があります。

Q:知らない人の前で自分の問題やテーマを扱うことに不安を感じます

不安はごもっともだと思います。
しかし、事前に守秘義務などに同意していただき、さらに、ワークショップ当日も守秘義務などについて説明し、安心していただける環境づくりを心がけています。
また、「グループワークでしか得られない体験」がありますので、その不安を抱えたままでも参加していただく価値があると思います。
それでも、不安が拭えない場合には、1対1で行う、個人セッションもご検討下さい。

Q:事前に準備しておくことはありますか

お申込み後、書面またはメールにて、「働きかけのための質問」に事前にご返答ください。
それ以外は特にありません。
当日お会い出来ることを楽しみにしております。

Q:服装は特に気にしなくてもいいでしょうか

女性の方はスカートは避けて下さい。
それ以外は、動きやすい服装でしたら問題はありません。

Q:託児サービスはありますか。

申し訳ありませんが、託児サービスはありません。
しかし、事前にご相談いただくことで何かご提案できることがあるかもしれません。
また、個人セッションやSkypeでのセッションもございますので、お気軽にご相談下さい。

今すぐ申し込む