参加して良かった

家族問題の専門カウンセラー
坪田です。

昨年のファミリーコンステレーションワークショップに参加していただいた方から、感想をいただきました。

ファミリーコンステレーションのワークショップに参加される方の多くは口コミです。
ですから、事前にどんな感じなのか情報を持っておられる方が多いのですが、
それが不安や過度な期待に繋がったりもします。

特に人見知りの方は、何であれ、初めての場所に一人で行くのは不安や緊張を伴うものですが、
ワークショップは

講師の話を参加者が一方的に聞くのではなく、参加者自身が討論に加わったり、体を使って体験したりするなど、参加体験型、双方向性のグループ学習

出典:コトバンク

という意味であるように、
その詳細を事前に示すことは難しいので、不安はより大きくなるかもしれません。

しかし、そうした感情や感覚を持ちつつも、抱える問題やテーマを解決したいという想いとともに参加していただくと、一方的に知識を得る学習方法では経験できない経験や体感を得ていただけるのではないかと思います。

【Aさん 30代 女性】
 今回心理ワークを初めて受けました。心理については、これまで興味を持ったことは特にありません。友人から勧められなければ、知ることも参加することもなかったと思います。
 事前説明が必要最低限でしたので、最初は戸惑いがありました。わからないこともわからない状態です。

 会場は、少人数で心地良く感じました。
 ファシリテーターと会場にいる方によるのかもしれませんが、スムーズに場に入れたよう に感じます。自分の番になった時に、どの範囲まで自分のことを話せばよいのかわかりませんでした。
 自分の相談に関しては、いろんな場所から動きを見させていただきました。流れも含めて全 体的に参考になりました。3日経ちましたが、苦しいモヤモヤもすっきり感も残っていません。参加して良かったという感覚はあります。私にとって家族は大切な存在で、常に先祖に守られている感覚があります。改めてそれを感じることができました。
 当日の悩みとは異なりますが、私は人見知りで、知らない場所、知らない人と接することがとても苦手です。また、仲の良い人でも肌の接触は苦手です。しかし、代理人では不思議とあまり緊張をせず、人と接することにも抵抗感はありませんでした。なすがままに、直感的に動こうと決めて参加したことが良かったのかもしれません。ふっと入る瞬間と自分自身の意識との間で、判断に時間がかかることがありました。代理人でどのようにして動いたのか、何を話したのかはほとんど覚えていません。
 1日のみの参加でしたが、私の相談で何人もの人が動いてくださったことに感謝します。

関連記事

  1. 今ここにいて生きていることをあじわいながら日常に戻っています…

  2. 何が起こっているのか落ち着いて見守ることができています

  3. 自分の顔を傷つけることがなくなりました

  4. 自然と前を向くことができるようになっていました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。