安心と心強さを感じたファミリーコンステレーション

先日、ファミリーコンステレーションの個人セッションを受けていただいた方から、セッションの感想を頂戴しました。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”profile.png” name=”坪田”]いつもありがとうございます。
ファミリーコンステレーション ファシリテーターの
坪田です。 [/speech_bubble]

心理やセラピー、ヒーリングの世界に足を踏み入れる時、ファミリーコンステレーションからスタートされる方は比較的少数です。

色々やって、でも上手く行かなくて、それでも諦めず、探し続けた結果、ファミリーコンステレーションにたどり着かれる方が多いのですが、たどり着いた時、ファミリーコンステレーションを体験された方の多くが「ここにたどり着きたかったのだ」という感覚を得ます。

手元に行き先が描かれた地図を持っていたわけではありません。形も色も大きさもわからない、何のヒントもない何かを、自分の中の衝動というセンサーだけを頼りに、ボロボロになりながら辿り着いたような感覚です。そのような場面に立ち会わせていただく時、ファミリーコンステレーションを仕事にしていることに深く感謝するのですが、一方で、ファミリーコンステレーションであれば何でもいいのかというと、当然ながらそうではありません。ファミリーコンステレーションは、あくまでもただの道具です。

ファシリテーターの技量によって、あり方によって、「ここも違ったか。。。」という結果になることも当然ながらあります。

そのような結果は、ファミリーコンステレーションを提供するものとして、あってはならない。そう思い、これからも日々精進していこうと思うのです。

MIKIさん 女性

先日はありがとうございました。

セッションが終わっての第一声は「やっとここまできた〜!!」と、ひと段落した感じでした。

何かおかしいと思いはじめ、数年前から色々な人に会って学んだり、セッションを受けたりしました。

ありがたいことに、今迄の色々なセッションも良い方に恵まれていたのですが、根深いものをみつけられるのはほんのひと握りだとわかりました。坪田さんのファミコンは総合的に見て、現実とスピリチャルのバランスがとても良い感じがしました。どちらかに片寄り過ぎていないとこがいい。

それに人柄と経験が加り、繊細な部分を見逃さないよう様に、しっかり相手に寄添いながらも冷静にみていて、独りよがりにならず、クライアントが置いてけぼりを感じることもなく、こちらの感覚も大切にしてもらえるので、安心と心強さを感じました。さじ加減次第で、毒は薬にもなる。バランスは何事においても重要だと感じていたので、これだけ安定しているセッションは本当に経験と努力の賜物だと私は思いました。

今回は身体にも異変が起き始めたことで、十数年もの間、怖くて、最後の最後まで抵抗して、視えない様(視ないよう)にしていたことに気づきました。それに向き合おうと踏み出せるきっかけになったのは、友人から紹介された、坪田さんのファミコンに参加したことからでした。

目に見えないところで、傷ついて悩んで病んでいる人は多い、それが現実にも影響していることがある。見えるもの、見えないもの、双方のバランスが大切なんだと頭では分かっていながらも身をもって体験した私でした(苦笑)

全てとは言えませんが、不思議なことに内面を癒して心が軽くなっていくと、体調も良くなっていくことがありました。身体まで壊す前に自分自身をケアすることや、サポートしてくれるものを見つけることは大切だと思いました。

ご縁をいただけたことに感謝です。

関連記事

  1. ファシリテーターによるファミリーコンステレーションの違い

  2. 芯から納得がいく感じがしたファミリーコンステレーション

  3. ファミリーコンステレーションの基本的な理論

  4. ファミリーコンステレーションの代理人とは

  5. ファミリーコンステレーションのおすすめ本・DVD

  6. ファミリーコンステレーションの効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。