ファミリーコンステレーションの何が結果を生むのだろうか

ファミリーコンステレーションの何が結果を

ファミリーコンステレーションの何が結果を生むのだろうか

ファミリーコンステレーションの何が結果を
ファミリーコンステレーションは、しっかりと結果が出る。
そう認知されている方も多いのですが、そもそも「なぜ結果が出るのか」という観点から考えたことがなかったなと、ふと、そんなことを思い、ちょっと整理してみました。

こんにちは。
ファミリーコンステレーション・ファシリテーターの坪田です。

ファミリーコンステレーションの個人セッションやワークショップは、その手法に目を奪われがちです。
人形を使ったり、代理人が感じたことや、動きを使ってワークショップを行ったりする様子に興味を持たれる方は実際に多いですね。

これらのメリットを客観的に見てみると、
・心の中の現状や解決策を視覚化できる
・クライアントさんが、自分の状態を客観視できる
・代理人の感じたことや動きが、問題を明らかにする
などがあります。

これらはとても印象的ですし、勿論、結果に影響を与えます。

しかし、例えば、ワークショップで行う代理人を使った手法を、ファミリーコンステレーションの初心者がファシリテートすると、大抵上手くいきません。試行錯誤してもコンステレーションは進まず、時間ばかりが経過し、最終的には、半ば強引に、代理人を動かすなどして、完結させていくような方法を取らざるを得なくなります。

また、個人セションでは、「音声通話だけの電話でもセッションし、結果は出ます」から、目に見えるファミリーコンステレーションの特徴は本質ではないと言えます。

では、ファミリーコンステレーションのセッションにおける本質とは何でしょうか。

2つの本質

1:理論の理解


1つ目は、ファミリーコンステレーションの理論に対する理解です。
ファミリーコンステレーションの基本的な理論は、とってもシンプルです。

項目だけ書き出せば、A41枚で十分です。
それだけに、説明を聞けば、即座に理解したと思える程です。

しかし、それほどまでにシンプルであるからこそ、その理解の深さには、大きな差が生まれます。

聞いたことを覚えているだけなのか。
自分の体験を通して理解しているのか。
自分の言葉で説明できるレベルまで腑に落ちているのか。

自分の言葉で矛盾なく説明できるようになった時、ファミリーコンステレーションで起きること、日常生活で起こっていることの大半を、ファミリーコンステレーションで説明ができるようになります。

そうすると、セッションの手法が何であれ、クライアントさんに何が起きていて、何が必要なのかを適切に読み解くことができるため、結果が出るのです。

2:あり方


2つ目は、ファシリテーターとしての「あり方」です。
「あり方」とは、とても難解な言葉で、人によってイメージに大きな差があると言葉かもしれませんが、ここで言うあり方とは、「意識や思考、行動ではないもの」です。

例えば、ファミリーコンステレーションの手法を用いて、ファシリテーターとクライアントの関係を観てみると、そこには技術や知識ではない、あり方の違いが浮かび上がります。

セッションの結果が出ない、クレームが多いなど、クライアントとの関係が上手く行っていない場合、ファシリテーターが、クライアントまたはクライアントの抱える問題に対して、「何かしようとしている」姿が明らかになることが多いのです。

一方で、良好な関係の場合、ファシリテーターは、とても受容的で、「何かをしよう」としたり「変化を起こそう」「問題を解決しよう」というものが見えません。
自然とクライアントの方から、心を開き、ゆっくりと近づいてくるようなイメージです。

ここで、問題を解消するという目的でセッションをするのだから、「何かしようとする」のは当たり前なのでは?との疑問を持つかもしれません。
しかし、ファミリーコンステレーションの手法で観てみると、どうしても上手くいきません。
また、「なら、何もしないと意識しよう」と思ったところで、何も変わりません。

この「何もせずに」「ファミリーコンステレーションをする」という一見矛盾する状態を体現できるようになると、用いる手法が何であれ結果がもたらされるのです。

本質に近づくために


このように、2つの本質があるからこそ、目に見えるファミリーコンステレーションの特徴との相乗効果で結果が出るのです。
また、この本質を持っていることで、他の手法を用いても、一定の結果が出やすくなるのは言うまでもありませんね。

では、この本質に近づくために、どうすればいいのでしょうか。
私がやってきたことは、基本的に1つ。
それは、ファミリーコンステレーションを受けることです。

しっかりと自分の抱える悩みや問題を根本から解消していくこと。

そうすると、ある日、ファミリーコンステレーションを理解し、
何もしないで、ファミリーコンステレーションをするという矛盾の答えを手にする日がやってくると思うのです。

関連記事

  1. 安心と心強さを感じたファミリーコンステレーション

  2. とても丁寧なファミリーコンステレーション

  3. ファミリーコンステレーションの効果

  4. 対人恐怖症の方にオススメするワークショップ

  5. 努力とファミリーコンステレーション

    努力の裏側とファミリーコンステレーション

  6. ファミリーコンステレーションのおすすめ本・DVD

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。