ファミリーコンステレーション

自分にも誰にも問題がないとしたら

https://constellation-lab.com/wp-content/uploads/2019/07/profile-300x300.png
坪田

こんにちは。
「自分が主役の物語をスタートさせるお手伝い」心理セラピスト 坪田真彰です。

試行錯誤しても、いつまでも解決できない悩みや問題ってありますよね。
解決したかと思っても、やっぱり同じ種類の悩みや問題に行き着いてしまうような。

サラリーマン時代、解決できない悩みを抱えた私が行き着いたのは、
「自分はできることは全部やった。だから、もう原因は周りの人や環境でしかありえない。」
という感覚でした。

しかし、下手に出てお願いしても、理詰めて説明しても、どのように働きかけても跳ね返されてしまう。挙句の果てには、私が悪者に。

あまりにもストレスで、気が狂いそうな感覚になりながらも、「やっぱり自分なのか?」と自問自答して、再確認しても、もう打つ手はありません。
やはり他に原因はあるのだと、再度アプローチしても上手く行かず、その繰り返しでした。

その当時は、そのまま何のアイデアも導き出すことができずに、転勤となってしまったのですが、今の私ならこのように自分自身に問うでしょう。

「自分に問題はなくて、周りの人や環境にも問題がないとしたら」

周りの環境に不満があればあるほど受け入れがたい問ですが、自分が問題か、周りが問題かという二元論から抜け出せると変化は自然に生まれます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。