敏感で感受性が強い(HSP・HSC・エンパス)人にレイキヒーリングをオススメするワケ

敏感で感受性が強い(HSP・HSC・エンパス)人はどうしても疲れやすい


自分の感受性の強さを理解して、必要なことを行ったとしても、もともと持っている外部からの影響を受けやすく、その結果、疲れやすいという特性がなくなるわけではありません。
感受性に対する理解や使い方が上手く言っていない方であれば尚更、ご自身の疲れやすさを感じておられるのではないでしょうか。
また、敏感さがなかったとしても、ストレスが多い現代に置いて、日々を充実して過ごしたいと望むならば、自分の心身をしっかりメンテナンスし続けることは必要不可欠です。

しっかりメンテナンスしたい


私はファミリーコンステレーションという心理療法や、レイキヒーリングによって、かなり自分の特性を使いこなすことができていると思うのですが、それでもやはり疲れますし、体調がイマイチな日も多いです。
ですから、身体のメンテナンスは欠かすことができないのですが、それには大きく2つの問題がい生じます。

1:敏感で感受性が強い(HSP・HSC・エンパス)人を理解し、メンテナンスをしてもらえる場所は少ない


鍼灸や整体、マッサージなどで、敏感気質を理解してもらえる方と出会うことができればかなりラッキーなのではないでしょうか。
数年前ですが、リラクゼーションマッサージの大手チェーンで、施術中にもかかわらずセラピスト同士でニヤニヤしながら小声で話をしているのを見かけました。クライアントはうつ伏せになっているから、気が付かないと思うのでしょうか。
このようなことは問題外ですが、せっかくメンテナンスに行ってたのに、施術者の影響や場所の影響を受けてそこでも疲れてしまう可能性があるのです。

2:一ヶ月に1回程度のペースではメンテナンスが間に合わない


仕事などで、多くの人が集まる場所に長時間いると、それだけでクタクタ。
その上、トラブルなどがあれば、すぐにでもメンテナンスしたいところ。
でも、自分の身体の状態にあわせて、都度メンテナンスに行っていたら、時間もお金も足りません。

敏感で感受性が強い(HSP・HSC・エンパス)人にレイキヒーリングをオススメするワケ


自分にピッタリの施術家に出会えて、時間もお金も余裕があるのなら、問題ないのです。
往診をしてもらえるなら、安心できる自宅で施術が受けられて言うことなしですが、なかなか難しい方が多いと思います。

そこでお勧めしたいのが、レイキヒーリングなのです。
そもそも、敏感気質の方が疲れてしまう原因は、肉体的な披露というよりも、目に見えないエネルギー的な影響であることが多いので、レイキヒーリングがぴったりであることは言うまでもないのですが、そこに遠隔ヒーリングとセルフヒーリングによって、敏感気質の方に最適なメンテナンス方法となるのです。

遠隔レイキヒーリング


レイキなどに馴染みな無い方にとっては、離れた場所でヒーリングを受けることできるというのは、眉唾ものかもしれません。しかし、レイキなどのエネルギーを理解している者にとって、距離というのはあってないものだということを知っています。
また、卓越したヒーラーであれば、離れていてもクライアントさんのエネルギーの状態を感じ取り、必要なヒーリングを行うことができるので相対でセッションする必要はありません。
そして、なんと言っても場所も時間も選ばないことが余計なストレスを受けずにメンテナンスに集中できるのでオススメなのです。

セルフヒーリング


匠の技を持つ施術家やヒーラーであっても、日々のセルフメンテナンスには敵わないと言います。
ほんの少しの時間でも、メンテナンスすることはそれほどの効果があります。

しかし、マッサージなどを自分でやると、癒やしながら疲れるという状態に陥ります。
これでは意味がありませんし、続きませんね。

レイキのセルフヒーリングなら、手を当てるだけ。
匠の技を持つレイキヒーラーからレイキを学ばれれば、その日から必要十分なセルフヒーリングを行うことができるのでオススメです。

自宅をヒーリングサロンにする


遠隔レイキヒーリングと、セルフヒーリングがあれば自宅がヒーリングサロンになるかのように思いませんか。
もしご興味があれば、先ずは遠隔レイキヒーリングを無料で体験して下さい。

関連記事

  1. これで完璧「カラダのメンテナンス」

  2. 対人恐怖症なのに育児でママ友と交流なんて無理。。。

  3. 袋小路にはまり込んだらどうするか

  4. 近頃びっくりするほど「習慣がかわる」

  5. なぜ毎回一新するのか

  6. 敏感で感受性が強い(HSP/HSC/エンパス)という「圧倒的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。