節約は○○との比較が重要

こんにちは。
家族の問題専門カウンセラー
坪田です。

前回は、


を書きましたが、
今回はその続きとして、
「節約には百害がある」ことについてもう少し書いていきますので、
「間違った節約」に気がつくきっかけになればと思います。

さて、
私が今日お伝えしたいことは、
「節約で消費するエネルギーと節約できる金額を比較しよう」
ということです。

「どうして節約するとストレスが溜まるのだろう」といろいろ考えた結果たどり着いた一つのシンプルな結論なのですが、
まず、「節約すると同時に消費されている」ということを理解するのは重要です。

節約しようとすると、
・日用品でも買うか買わないか考える
・家計簿をつけ始める
・交通費を節約して、体力を使う
・買いたいものを我慢してストレスを抱える
・お酒やタバコを我慢して、ストレスを抱える

などなど、「考えること」や「やること」がとっても増えます。
つまり、
「節約すると同時にあなたのエネルギー消費量は増加している」のです。

多くの場合、
節約の成功可否の判断は、
節約できた金額で判断すると思うのですが、
それが百害あって一利なしの節約につながるのです。

ですから、、
「節約に伴う消費エネルギーよりも節約金額が上回っていなければ、無駄遣いをしていることと同じ」
になり、エネルギーが無くなっていくので、ストレスとなるのです。

ということで、やっぱり節約はとりあえず止めましょう。

そして、次回は、
でも、やっぱり今のままではマズイんです
という方のために書きますね。

関連記事

  1. ひどい肩こりにレイキヒーリングは効果がありますか

  2. お金はアスリート的に使う

  3. あぁそういうことか!自分の強みの見つけ方

  4. 敏感で感受性の強い方にオススメ「ちょっとスピリチュアルだけど…

  5. 発達障害やひといちばい敏感気質(HSP/HSC/エンパス)な…

  6. 子どもに落ち着きがない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。